FC2ブログ
FC2生活塾
最近のインターネットの普及とともに、世の中に溢れて いる無限大の情報。 そういう中で、現代のあらゆる事象を、自分自身のより 確かな知識とするため、あらゆる出典を紐解き、多角的 角度から見つめてみることにしました。 より確実に、一日一件、一日一賢。

プロフィール

cowboy555

Author:cowboy555

!い願お↓クッリク
Fc2_Logo(icon)
クリック↑お願い!







banner-01




毎月安いほうがいいですよね?
価格.com ブロードバンド
毎月がこんなに安けりゃ年にいくら?

















































サウンドドック

P QVC モバイル【携帯向けサイト】

saQwa(サクワ)ネットショッピング

SOHO家具オンラインショップ Garage

YOOX.COM(ユークス) イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ

ZOZOTOWER(ゾゾタワー)

ビスコスクエア オンラインショップ

アフィリエイトならリンクシェア

P 夢展望コレクション



あし@



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



神経衰弱



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


#アカデミー賞 『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』(Yankee Doodle Dandy)(1942年)


アカデミー賞


FrameTopFrameTopFrameTop
#32 ベン・ハー(1959)#03 西部戦線異常なし(1930)#49 ロッキー(1976)#12 風と共に去りぬ(1939)#16 カサブランカ(1943)#70 タイタニック(1997)#38 サウンド・オブ・ミュージック(1965)#45 ゴッドファーザー(1972)#64 羊たちの沈黙(1991)#61 レインマン(1988)#46 スティング(1973)#35 アラビアのロレンス(1962)#81 スラムドッグ$ミリオネア(2008)#58 愛と哀しみの果て(1985)#30 戦場にかける橋(1957)#01 つばさ(1928)#66 シンドラーのリスト(1993)#77 ミリオンダラー・ベイビー(2004)#60 ラストエンペラー(1987)
FrameBottomFrameBottomFrameBottom


Oscar+Text
アカデミー賞(Wikipedia)








『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』(Yankee Doodle Dandy)(1942年)

主演男優賞(ジェームズ・キャグニー)



監督

マイケル・カーティス



主なキャスト

ジェームズ・キャグニー, ウォルター・ヒューストン, ローズマリー・デキャンプ



ストーリー

アカデミー賞3部門に輝く、実在の"ミュージカルの父"を描いた名作!
「カサブランカ」の名匠、マイケル・カーチス監督&"ギャング・スター"キャグニーによる華麗なタップダンス!
ほぼ10年ぶりに舞台にカムバックしたジェームズ・M・コーハンはその舞台でルーズベルト大統領を演じ、そのルーズベルト大統領からホワイトハウスに招待された。そこでこれまでの日々を回想するのだった・・・。芸人の子として生まれ、父母、妹とコーハン四人組として巡業を続けたコーハンはある日ショーガールになりたいというメアリーに出会い、勝手に自作の歌を歌わせたことから劇場主と大ゲンカし、芸能界をほされてしまう。が、製作者のトムの協力で今度は作詞・作曲者としてブロードウェー進出を試みたのである。



レビュー

●キャグニーといえば、ギャング映画、ギャング役というイメージなのでしょう。実際「白熱」のような彼なしには考えられないような傑作を残しています。しかし、キャグニーはコメディにも才能のある人で、そして、song and dance man であることを誇りにしていたのではないかと思われます。この映画でアカデミー主演男優賞を得たことを生涯誇りにしていたようなので。story はいささか冗長だと思います。なんといっても「Give My Regards to Broadway」でのキャグニーのダンスに尽きます。ある意味素人っぽい、つまりバレエ的でない踊りですけれど、そんなことはどうでもいいぐらい個性的でそして光っています。「自分」が出ています。ダンスファンならこのシーンは必見だと言わざるを得ません。



出典:Amazon.co.jp



★コメント

○日米開戦直後という製作当時の情勢が反映された作品。映画の進行とともに戦意高揚?不快感?





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cowboy44.blog75.fc2.com/tb.php/11337-df89dec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。