FC2ブログ
FC2生活塾
最近のインターネットの普及とともに、世の中に溢れて いる無限大の情報。 そういう中で、現代のあらゆる事象を、自分自身のより 確かな知識とするため、あらゆる出典を紐解き、多角的 角度から見つめてみることにしました。 より確実に、一日一件、一日一賢。

プロフィール

cowboy555

Author:cowboy555

!い願お↓クッリク
Fc2_Logo(icon)
クリック↑お願い!







banner-01




毎月安いほうがいいですよね?
価格.com ブロードバンド
毎月がこんなに安けりゃ年にいくら?

















































サウンドドック

P QVC モバイル【携帯向けサイト】

saQwa(サクワ)ネットショッピング

SOHO家具オンラインショップ Garage

YOOX.COM(ユークス) イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ

ZOZOTOWER(ゾゾタワー)

ビスコスクエア オンラインショップ

アフィリエイトならリンクシェア

P 夢展望コレクション



あし@



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



神経衰弱



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


#アカデミー賞 『トレーニング・デイ』(Training Day)(2001年)


アカデミー賞


FrameTopFrameTopFrameTop
#32 ベン・ハー(1959)#03 西部戦線異常なし(1930)#49 ロッキー(1976)#12 風と共に去りぬ(1939)#16 カサブランカ(1943)#70 タイタニック(1997)#38 サウンド・オブ・ミュージック(1965)#45 ゴッドファーザー(1972)#64 羊たちの沈黙(1991)#61 レインマン(1988)#46 スティング(1973)#35 アラビアのロレンス(1962)#81 スラムドッグ$ミリオネア(2008)#58 愛と哀しみの果て(1985)#30 戦場にかける橋(1957)#01 つばさ(1928)#66 シンドラーのリスト(1993)#77 ミリオンダラー・ベイビー(2004)#60 ラストエンペラー(1987)
FrameBottomFrameBottomFrameBottom


Oscar+Text
アカデミー賞(Wikipedia)








『トレーニング・デイ』(Training Day)(2001年)

主演男優賞(デンゼル・ワシントン)



監督

アントワン・フークア



主なキャスト

デンゼル・ワシントン, イーサン・ホーク, スコット・グレン, トム・ベレンジャー, クリフ・カーティス



ストーリー

念願だったロス市警麻薬捜査課に配属された新人刑事ジェイクにとって、今日は勤務初日。彼のパートナーは数々の大物摘発で伝説となり、憧れの存在でもあるベテラン刑事アロンゾだ。やや緊張の面持ちでアロンゾと待ち合わせたジェイク。だが、のっけから唖然とさせられる。「か弱い子羊でいるか、獰猛な狼になるのか、それを選べ」。そう言うと、アロンゾは押収した麻薬をジェイクに吸わせる。意識を朦朧とさせながらアロンゾの捜査に同行するジェイク。そこで彼が見たものは職権乱用による過剰暴力、脅迫、証拠のでっちあげ、どんなモラルも通用しない犯罪捜査の最前線だった。翻弄するジェイクをよそにアロンゾの行動はエスカレートしていく。そんななか、アロンゾの昔なじみの情報屋から、ロシア人によるアロンゾ報復計画を聞き・・・。



レビュー

●個人的には「汚職警官」モノのサスペンス映画の中ではダントツで好きな作品です。
 一人の新米刑事(ホーク)が、地元を熟知したベテラン刑事(ワシントン)の元で麻薬捜査の研修訓練をするのですが、それが「地獄の研修」になってしまいます。
 ベテラン刑事がものすごいカリスマ性で新米を教育していくのですが、主人公が全てを悟ったときの絶望感が苦しいほどこっちに伝わってくるのは、やはりワシントンの神がかり的な演技がすばらしいからですね。いつもザ・アメリカな正義漢の役が多い彼だけに新鮮です。
 ホークも観る側の代弁者となっていて素晴らしい演技でした。
 ラストは、これでもか!というほど、スッキリする最後なので、ストレス解消にもなります
 マフィア系の犯罪モノではなく、ストリート系の犯罪モノ(特に黒人、メキシコ系ギャング)が好きな方は必見の作品です。



出典:Amazon.co.jp



★コメント

○演技派が揃ってますねぇ。見応えのある凄い映画です。ハーレムでの人々の無気味な視線がとても怖かったですねぇ。





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cowboy44.blog75.fc2.com/tb.php/11316-80adbc21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。